脱毛前後の日焼けはNG

こまめに処理を行わなければ、気付いた時にはワキや脚がボーボーで、悲惨な状態と化してしまう「ムダ毛」の存在。
皆さんの本音としては、ムダ毛処理は「面倒臭い」と感じるものなのではないかと思います。
ムダ毛処理が面倒臭いと思った時はやはり、サロンやクリニックなどのプロのところで脱毛の施術を受けるのがベストだと思います。

 

脱毛というのは、全ての回数の施術が済んでしまえば、自己処理による肌トラブルに見舞われることはほとんどなくなります。
ですが、脱毛の施術自体は、少なからずお肌を傷つけることになります。
一時的なことではあるものの、本来であれば生えているのが普通である毛を抜く行為ですから、お肌が傷つかないわけがないのです。
そのため、脱毛の施術を受ける前後は、いろいろなことに気を付けなければいけません。

 

脱毛の施術を受ける前後に気を付けなければいけないことの1つとして挙げられるのが、「日焼け」です。
ここからは、「なぜ気を付けなければいけないのか」ということを、施術前と施術後に分けてご説明したいと思います。

 

◇施術前◇

 

脱毛施術前の日焼けに気を付けなければならないのは、光脱毛とレーザー脱毛を受ける場合に限るのですが、理由は光脱毛とレーザー脱毛の仕組みにあります。
光脱毛とレーザー脱毛は、黒い色素に反応し、光線やレーザーが照射される仕組みになっています。
もし、日焼けをした状態で光線やレーザーを照射したとしても、ムダ毛に対する反応が弱くなってしまう可能性があります。
また、日焼けによってお肌が黒い状態になると、日焼けをした部分に光線やレーザーが反応する恐れもあるため、大変危険です。

 

◇施術後◇

 

脱毛施術後の日焼けに気を付けなければならないのは、全ての脱毛方法に当てはまることになります。
脱毛施術後のお肌というのは、少なからず傷ついていて、軽い炎症を起こしたような状態になっています。
日焼け自体も、軽いやけどのようなものですから、脱毛施術後の状態で日焼けをしてしまうと、お肌に大きな負担をかけることになってしまいます。

 

このような理由から、脱毛の施術を受ける前後の日焼けには、充分に気を付ける必要があります。
日焼け対策を万全にするのはもちろんですが、できれば秋から脱毛に通うようにしたほうが良いと思います。
秋から通い始めるのであれば、夏の時期ほど日差しが強くなることはないので、日焼けをする可能性は低くなりますし、脱毛が完了した状態で次の年の夏を迎えることができますよ。

関連記事

脱毛前後の注意点

エステサロン関係