脱毛前後の激しい運動はNG

「ムダ毛ゼロのキレイなお肌」というのは、以前は誰にでも手に入れられるものではありませんでしたよね。
一般の方が手出しができなかったくらい、脱毛の施術を受けるには大金が必要だったので、気軽に利用できるものではなかったと思います。
しかし、現在はそのような状況が一変し、一般の方でも気軽に脱毛の施術を受けることができるようになって、ムダ毛ゼロのキレイなお肌も、安い料金で手に入れられるようになりました。

 

現在は、脱毛技術がずいぶんと進化してきていて、「時間がかからない」「痛みが少ない」「安く受けられる」というのが当たり前です。
そして、安全性の高い施術も可能になりました。

 

とはいえ、サロンやクリニックに滞在している時は、私たちはただ施術を受けていれば良いのですが、サロンやクリニックを出た後は、注意事項を守って生活しなければなりません。
脱毛の施術後に禁止されていることは様々あるのですが、「激しい運動」もその1つです。

 

なぜ、激しい運動がダメなのかというと、「身体を温める行為」だからです。
光脱毛の場合なのですが、施術後のお肌というのは、熱を帯びていて、通常の状態よりもお肌が温まっています。
そのため、運動によって血行が促進され、さらに身体が温まってしまうと、お肌に赤みや痛みなどの症状が現われる可能性があります。

 

そしてもう1つ、激しい運動は「発汗を促す行為」でもありますよね。
激しい運動によってたくさん汗をかくと、施術後の開いた毛穴に細菌が侵入しやすくなり、毛穴の炎症の原因となります。
また、汗をタオルで拭く時に、タオルでゴシゴシとお肌を擦ってしまって、お肌に負担をかけることも考えられます。

 

他のページでも、「入浴」と「アルコール」が禁止だということはご紹介しているのですが、この2つも血行を促進して身体を温めますし、発汗を促す行為でもあります。
激しい運動がダメなのも同じ原理なので、全てを合わせると、「脱毛の施術後は身体を温めてはいけない」ということになります。
運動するのがお好きな方や、健康維持のために運動を日課にしている方も多いと思うのですが、施術後は我慢するか、運動するとしたら、あまり汗をかかないような軽い運動が良いと思います。

 

しかし、激しい運動をしなくても、汗をたくさんかいてしまう場合もありますよね。
例えば、気温の高い日などは、じっとしていても汗をかいてしまうと思います。
このような場合は、タオルをお肌に押し付けるようにして汗を拭き取ったり、身体を冷やして汗を抑える工夫をしましょう。
「気温が高い=日焼けをしやすい」ということになるので、できれば暑い時期に通わずに済むようにしたほうが、お肌にとっては良いと思います。

関連記事

脱毛前後の注意点